12.1型液晶 CVS-FX1  

最適な4周波を一発選択!

 

TDM-052(38~75 kHzおよび130~210 kHz)

TDM-062(38~75 kHzおよび85~135 kHz)

定価 1,058,400円(税込)

売価 税・送料込で×万円 お問い合わせ↓↓↓

 

 

PDFカタログ

 

任意の4周波を使用時に簡単選択

2種類の専用送受波器(TDM-052: 38~75kHz/130~210kHz、TDM-062: 38~75kHz/85~135kHz)を用意しました。従来の魚群探知機では製品購入時に周波数が固定されますが、CVS-FX1ではこの周波数範囲内の任意の4周波を使用時に選択・変更できます。また周波数設定は0.1kHz単位で調整可能で、さまざまな漁法・魚種に対応します。

 

全設定を瞬時に切替え

各設定を記憶し、全設定を瞬時に切替えることができるCMキーを前面パネルに用意しました。漁法切替え時の設定変更がワンタッチでできます。このCMキーには周波数設定も割り当てることが出来るので、まるで最大6台の魚探を使い分けているような操作が可能になります。

 

魚探映像を500枚分保存・読み出し可能

本体内部の大容量メモリーには500枚分の魚探映像を保存できるので過去データを活用することが出来ます。

 

見やすい高精細LCD

12.1インチ高精細XGA(1024X768)のLCD(LEDバックライト)を採用、直射日光下の視認性が抜群のARコート処理も施しました。また、特殊処理により液晶画面に結露も起こりません。

 

CCDカメラの接続も可能※

漁礁を映すCCDカメラを接続すれば魚探映像と漁礁を同時に確認できます。また、機関室等船内の別の場所に設置したCCDカメラ映像と魚探映像を同時に表示するなど、操業に便利な使い方も可能です。

 

主な機能   干渉除去、色消し、VRM、雑音抑圧、ホワイトライン、吃水補正

       水温補正、船速補正、画像記憶(500面)、ソナトーン

       ホーミング機能、イベント記憶、簡易プロッター、パネル照明

       送信出力低減、外部トリガー、探知範囲表示、CMキー、

       温グラフ表示、画面個別レンジ、画面個別シフト

レンジ    1 ~ 3,000 (m)、1 ~ 2,000 (ヒロ)

送受波器   (1) TDM-052
       (2) TDM-062

送信周波数  (1) 38 ~ 75 kHz 、130 ~ 210 kHz 

       (2) 38 ~ 75 kHz 、85 ~ 135 kHz

防水性能   防噴流型(IPX5)

外形寸法図  321(H) x 364(W) x 163(D) mm

重量     9.1 kg

電源電圧範囲 10.8 ~ 31.2 V DC